全国青年団種まき運動 実施状況MAP
   種まき運動とは MAPについて  達成状況(全体)  達成状況(詳細)  

◆全国青年団種まき運動(略称 種まき運動)について
 戦後、10,000以上あった市町村数は、昭和、平成の大合併を経て、2015年5月現在においては、1,718まで減少しました。市町村合併は自治体財政のスリム化や行政の効率化などの利点があるものの、地域コミュニティの希薄化や広域化によるサービス機能低下などの様々な問題を抱えています。

 とりわけ社会教育分野においては、公民館の減少や社会教育関係団体の衰退など、地域の中での役割が行政自らの手によって奪われています。しかし、地域の文化・伝統を守り、次代に受け継いでいくのはまぎれもなく私たち青年です。

 自分の生まれた故郷を愛し、地域で青年が生き生きと活動することこそ、地域が元気になる第一歩だと考えます。

 今年度から昨年度まで取り組んできた全国市町村議会への要望活動や政策提言委員会を踏まえ、全国の仲間とともに日本全国の市町村教育委員会をまわり、あらためて「青年団」の存在を知ってもらうための「全国青年団種まき運動」を展開します。
北海道 北海道 北海道 北海道 北海道 秋田 青森 岩手 宮城 山形 福島 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知 三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 兵庫 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
 | ホーム | 日青協概要 | お問い合せ | Copyright © 2002-2008 JAPAN SEINENDAN COUNCIL. All rights reserved.