2012年度事業計画 > 2012全国地域青年「実践大賞」


2012全国地域青年「実践大賞」 

審査会:2013年2月5日 日本青年館にて

結果一覧のダウンロード(PDF)

チラシのダウンロード(PDF)

推薦書のダウンロード(word)

 
要項

 地域や社会の課題が時代とともに変化するなか、そのニーズを捉えた取り組みが青年たちの手によって各地で展開されています。こうした青年の取り組み一つ一つに価値があり、それらを学びあうことは、自らを成長させる気づきを生み出すばかりでなく、青年団組織の強化や拡大につなげていくきっかけともなります。

 日本青年団協議会はこうした各地で展開されている特色ある実践を顕彰し学び合い、青年たちのつながりをつくる機会とし、明日の地域づくりの一端を担うべく、全国地域青年「実践大賞」を実施します。

1.主 催  日本青年団協議会

2.協 賛  財団法人日本青年館

3.対 象  
 青年団体(集団)の活動実践で、原則として応募時までに完了している実践を対象としますが、当該年度内であれば、応募時以降にわたる継続的な活動や取り組みを推薦してもかまいません。


4.対象期間 2012年1月から201212月まで

5.推薦方法 
 日本青年団協議会に加盟する道府県青年団、もしくは各都道府県教育委員会および各市区町村教育委員会が推薦してください。その際、下記の書類を添えて日本青年団協議会事務局に期日までに送付してください。


6.締切日  2013(平成25)年1月18日(金)必着

7.審  査 
 応募いただいた実践は日本青年団協議会役員のほか、有識者、研究者で構成した審査員により審査します。


8.発  表 
 該当する道府県青年団及び推薦団体(教育委員会含む)に直接通知するほか、日本青年団協議会機関紙「日本青年団新聞」、及び当協議会公式ウェブサイト「DAN PRESS」などで公表します。


9.表  彰  
 1)「実践大賞」…
集められた実践の中で最も優れた実践に取り組んだ団体に授与されます。

  2)「準実践大賞」実践大賞に次いで優れた実践に取り組んだ団体に授与します。
 3)「実践奨励賞」長期間にわたり続けてきた活動を行っている実践や、新たに取り組んだ活動などの実践した団体に授与します。

10.副  賞   
 すべての受賞団体には賞状を授与します。また「実践大賞」及び「準実践大賞」には活動奨励金を贈呈します。


11特別賞
上記の賞のほか、下記の団体より特別賞が授与されます。

 1)田澤義鋪賞  
  
財団法人日本青年館より、明正選挙運動、地方自治、地域振興などに取り組みすぐれた成果を修めた団体に授与されます。
 
2)全国青年団OB会奨励
 全国青年団OB会(青年団OB・OGの連絡組織)より、全国の青年団にとって励みとなるような組織の強化及び拡大に顕著な実績をあげた団体に授与されます。

 3)全国青年団
OB県議の会奨励
   全国青年団OB県議の会(都道府県議会議員を務める青年団OB・OGの連絡組織)より、青年団活動に自信と誇りを持ち、地域に暮らす人たちの励みとなるような地域活動に顕著な実績をあげた団体(各道府県青年団及び市町村青年団)に授与されます。

12表彰式    3月3日に日本青年館(東京都)で開催する「第58回全国青年問題研究集会」のプログラムとして実施します。

 | ホーム | 日青協概要 | お問い合せ |  Copyright © 2002-2008 JAPAN SEINENDAN COUNCIL. All rights reserved.